とかげりあん奮闘記

↓爬虫類日記↓

 -------- --  --:--   [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 2006-05-26 Fri  11:46   [爬虫類、両生類のこと]

どうも、おはこんばんは、U-1ですm(_ _"m)ペコリ
そろそろ、6月が迫ってきました。
ついにあの動物愛護法が改正されます。
はてさて、今巷では『登録』やら『届出』やらが飛び交っておりますが、なんじゃらほい?って方もおられることでしょう。
私の見解で、私たちに関わる範囲をできるかぎり解りやすく解説したいと思います。

1章:そもそも『届出』ってなんじゃらほい?
届出と言うのは、『私はこんな場所で、このような設備で、こんな動物達を販売する仕事をしていますよ』と役所に報告することです。
なので、審査基準もありません。
どんなに狭いケージで飼育されていようが、どんなに汚かろうが役所は何もすることができないのです。
じゃー、届出の意味ってなに?って声が聞こえてきそうですね。
これは、国が『動物を取り扱う商売〔動物取扱業〕』の絶対数を調べる為の法律なのですね。

2章:『登録』ってなんじゃらほい?
これは、『届出』と似て大きく違うものです。
今年の6月1日から新しい法律が改正され運用されます。今みんなが言っている動物愛護法の改正のことですね。
そして、新しく動物取扱業を営む方には『動物取扱業の登録〔通称;登録〕』と言う義務が発生します。
そして、『登録』と『届出』の大きな違いは、『登録』にはいくつかの条件が追加されるのです。
まず、登録時の登録可能かどうかの審査があります。また、1年に1回以上の講習を受けなければならず、登録時に手数料がかかります。

3章:登録時の審査ってなんじゃならほい?
1、開始しようとする業種に対して半年以上の経験があるか
2、開始しようとする業種に関する学校教育を1年以上受けて卒業した経歴があるか
3、しかるべき団体の行う試験に合格し、資格を有しているか
と、この3点です。
届出をされていない場合、1はかなり難しいでしょう。2は獣医学校でも出ていない限り今更って感じですよね(;´Д`A ```

じゃー残りは3だけですね。私たちに関係のある販売に対して有効な資格は私の知っているものは2点だけです。
1、愛玩動物飼養管理士〔〔社〕日本動物愛玩協会〕
2、家庭動物販売士〔全国ペット小売業協会〕
括弧内は試験を取り仕切る団体です。
私の読んだ限りでは、1は授業を受け最終的に試験に合格する感じです。2は各自で勉強し、年1回以上行われる試験に合格する感じです。
自動車免許に例えて言うならば、1は自動車学校に通い免許をもらう、2は飛び込み試験で免許をもらう感じですかね?
私自身試験を受けていないので内容まではわかりませんが、資金等を考えれば2の方が安上がりな気がしますが・・・・
受けようと思う方は各自でグーグル先生に聞いて下さいね(;´▽`A``

4章:『登録』になると他にもかわることがあるの?
帳簿管理の義務が発生します。掃除をしたかどうかのチェックシートや、販売した履歴、繁殖履歴を書いて残さなければいけません〔5年間保管〕
また、設備等の基準も設けられるようです。
加えて、買い取る方に対して、動物の飼育方法や、寿命、最大サイズ等の説明義務も発生します。それを説明したよと言う証明を相手にもらう必要もあります。

5章:なんで帳簿管理するの?
法律改正後は、登録完了後であっても悪質な業者に対して、役所は注意し、改善されない場合は登録抹消〔実質廃業ですね〕することができるのです。
なので、普段からちゃんとやってまっせ、と言う証明の為の帳簿管理ですね。

6章:なぜ、改正するの?ややこしいのに
改正する理由はインターネットオークションの普及が原因と思われます。今までは個人のブリーダーと言うものはかなり少なかったと考えれられますが〔犬猫は特にね〕ネットとオークションの普及でかなりの個人ブリーダーが増えました。
そうなると、当然モラルの無い人間も出てくる訳で、トラブルも多く発生したのでしょう。
だから、改正に乗り切ったのでしょうね〔完全に見切り発車ですけどね(;´▽`A``〕
と言うのも、さほど重要ではないと思い『登録』と『届出』の違いで書かなかったのですが、インターネットによる販売は『届出』の対象外だったのです。
なので、今回の『登録』はネットショップも対象となります。よって、この改正を知らないお店があるとすれば廃業ってこともあるんじゃないですかね(;´Д`A ```

最終章:現在でも『登録』って呼ばれてる地区があるのはなんで?
条例によって、動物取扱業の開業に対しての基準が定められている地区があるのです。〔東京、鳥取、大阪etc〕
ただ、改正前までは、こういった地区のほうが面倒だったのですが、改正後は大阪等の方が登録が楽になります。
と言いますのも、大阪等は登録するに際して、『講義』を受けるor『講義』を受け『試験』に合格する、と言う制度が取られていたのですね。
基本的にこの『試験』や『講義』は改正後も続行されるようです。
と言うことは、改正後に開業しようとした場合でも、大阪等は都道府県が行う『講義』や『試験』を受ければ登録条件はクリアできるのです。

しかし、他の今まで条例が無い都道府県では、講義を行う役人もおらず、今回の法案の中に『登録条件をクリアさせる為の講義及び試験を都道府県が行わなければならない』と言う条件はありません。なので、こういった地区に住んでいる方は個別に、社会団体が行う試験に合格するしかないと考えられます〔他都道府県で講義を受けても可能とは思われますが未確認です〕

あとがき:とまぁ~、だらだらと書かせていただきましたが解りましたでしょうか?
もし、間違っている点があれば、お教えいただくと幸いです。
前回の正解発表は次回と言う事で(;´▽`A``
疲れたぁ~ヽ( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∇ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄;)ノ
スポンサーサイト

 | TOP↑ | 

«04 | 2006-05 | 06»
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Profile

U-1

U-1

どうも、どうも、おはこんばんは^^
いつの間にか顔まで爬虫類になってしまったU-1です。
我が家の飼育状況をアップしていけたらと思います。
たまには脱線もいいんじゃないってノリでさぁ~

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Monthly

Rssfeed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。